Investigate Blog

お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

*

「一挙手一投足」の本来の意味を徹底解説!元々の意味は違う?

   

Pocket
LINEで送る

「一挙手一投足」というと、「彼の一挙手一投足に注目する」というような使い方をしますよね。
つまり「一つ一つの細かい動き」という使い方です。
もはや世間一般にそういった意味が根付いて、テレビなどでも普通に使われています。
ですが、本来はそういった意味ではないのです!!
ということで、今回は「一挙手一投足」の本来の意味や語源などについて調べてみました。
 

スポンサードリンク

 

1.「一挙手一投足」の本来の意味と語源は?

広辞苑で「一挙手一投足(いっきょしゅいっとうそく)」を引くと、二つの意味が載っていました。

【一挙手一投足】
①わずかな労力。少しの努力。
②こまかないちいちの動作。一挙一動。

 
まあ、そもそも遠い昔から伝わった「ことわざ」なのに意味が二種類あること自体おかしなことですよね。

では細かく解説しますね。

①現在の一般的に根付いた「一挙手一投足」の意味!

現在、「一挙手一投足」の意味は広辞苑②の「こまかいいちいちの動作」という意味で使われることが多いいです。

たとえばこんな使い方です。

・現在、大人気のアイドルA、その一挙手一投足に注目が集まります!

・足が速い一塁ランナーは、ピッチャーの一挙手一投足に注目し盗塁の機会をうかがいます!

 
つまり、誰かの「細かい一つ一つの動き」といった意味ですね。

しかも、その「動き」を誰かが「見る」という行為がセットで加わります。

②「一挙手一投足」の語源!

では、「一挙手一投足」の語源を調べてみます。

「一挙手一投足」の語源は、中国の思想家で、政治家、文学者の「韓愈(かんゆ)」の書いた手紙「応科目時与人書」が元になっています。

韓愈が、「官史(かんり)登用試験」、現代でいう国家公務員の採用試験に落ち、その後に知人に対して送った手紙の中に「一挙手一投足」があるのです。

手紙の内容は、かなり長いことから全文は省略しますが、「一挙手一投足」の意味は以下のように使われています。

○○を動かす労力は、ほんのわずかな努力で可能です。

わずかに一度手を挙げ、わずかに一度足を動かす程度のこと。

たったそれだけの手間でしかないのです。

 
まさに「わずかな労力」「ほんの少しの努力」という意味で使われているのですね。

③「一挙手一投足」の本来の意味と使い方!

ということで、「一挙手一投足」は「わずかな労力」「ほんの少しの努力」という意味です。

では具体的な使い方を紹介しますね。

・一挙手一投足の労をおしまない彼の人柄に頭が下る

・一挙手一投足の労で簡単に成功はつかめない

・たかがそのくらい、一挙手一投足の労にすぎない

 
といった感じですね。

現在の一般的な意味には「見る」という行為がくっついてきましたが、本来の意味には「労力」や「努力」という行為がくっついてきます。

要するに現在は「行動」で、本来は「労力」、といった違いでしょうか。

間違った解釈、「細かい一つ一つの動作」という意味が定着し、現在は市民権を獲得しました。

辞書にもしっかりと二つの種類の意味が掲載されています。

そのうち、多くの人が間違って解釈している「情けは人の為ならず」も意味が二種類になるかもしれませんね…。

パソコン3
 

2.「一挙手一投足」と「一挙一動」の違いは?

では「一挙一動」を広辞苑で調べます。

【一挙一動】
・一つ一つのふるまい。一挙手一投足。

 

スポンサードリンク

 
意味の中に「一挙手一投足」がありますし、前項で紹介した、広辞苑の一挙手一投足の意味の中に「一挙一動」があるので、「ひとつひとつの動き」という意味では同じです。

ですが、前項で紹介したとおり「一挙手一投足」には「わずかな労力」「ほんの少しの努力」といった意味もあります。

ですから、「一挙一動」と「一挙手一投足」はどちらを使っても大丈夫なのですが、「一挙手一投足」には「わずかな労力」という意味もあることを覚えておきましょう。

一挙手一投足
 

まとめ

以上が、「一挙手一投足」の本来の意味や語源などについてでした。

現在では、「一挙手一投足」は「一挙一動」と同じ「細かい一つ一つの動き」という意味で使われることが多いですが、元々は「わずかな労力。少しの努力。」という意味です。

元々の「一挙手一投足」の意味も覚えておいた方がよいですね。
 

スポンサードリンク

 

 - 暮らし・生活・雑学