Investigate Blog

お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

*

「取得」と「習得」の違いを解説!意味や使い分けは?資格は?

      2018/10/25

Pocket
LINEで送る

「取得」と「習得」、どちらもよく使う言葉です。

ですが、この二つ、使い分けが難しいですよね。

たとえば、「資格」はどっち?「免許」は?

といった具合です…。

ということで今回は「取得」と「習得」の意味の違いや使い分けなどについて調べてみました。
 

スポンサードリンク

 

1.「取得」と「習得」の意味の違いや使い分けは?

最初に「取得」と「習得」の意味を広辞苑で調べます。

【取得】
・自分の所有とすること。手に入れること。

【習得】
・習って会得すること。習って覚えること。

 
「習って」とありますので、「習う」も広辞苑で調べます。

【習う】
①くりかえして修め行う。稽古する。
②教えられて自分の身につける。まなぶ。

 
どちらも自分が「得る」という意味では同じです。

違いは、「何を」「どのようにして」得るのか?ということですね。

それでは、わかりやすく説明します。

①「取得」と「習得」、どのようにして得るの?

「取得」と「習得」の、最大の違いは「習う」か「習わない」かです。

「取得」は、ただ単純に自分の手に入れること。

「習得」は、習ってから自分の手に入れるのです。

つまり「習得」とは、くりかえし練習したり、教えてもらって学習しながら自分のものにしていくのですね。

陶芸

②「取得」と「習得」、何を得るの?

それから、何を得るのか?ということです。

「取得」は、「物品」「資格」「免許」などを自分の手に入れます。

自分の手に入れるものは、目に見える「物品」や、目に見えない「資格」「免許」など様々です。

そして「習得」は、「学問」「技術」「芸術」などを自分の手に入れるのです。

「習得」は、基本的に目に見えないものですね。

そして、資格は「資格習得」ではなく「資格取得」が正しいです。

免許も「免許習得」ではなく、「免許取得」が正解です。

ここで、疑問が生まれるかと思います。

「資格」も「免許」も「習う」のではないか?ですね。

ですが、「資格」も「免許」も習うのは「学問」や「技術」の方です。

まずは「学問」「技術」を「習得」して、それから試験を受けて「資格」や「免許」を「取得」するということです。
 

スポンサードリンク

 

2.「取得」と「習得」の具体的な使い方は?

「取得」と「習得」の使い分けをご紹介します。

・安全運転のための交通ルールと運転技術を習得し、無事に運転免許を取得することができた。

・若い頃に設計に関する知識を習得していたことから、建築士の資格を取得することができた。

・日常生活で普通に使えるほどの英会話の技術を習得したが、英語の教員免許の取得は無理だった。

・本を出版する権利を取得した上で、文章を書く技術を習得する。

・株式を取得して会社を支配する。

・不動産を取得することで、不動産取得税がかかる。

・長年日本で生活していたが、このほど日本国籍を取得した。

運転免許
 

3.「習得」と「修得」の意味の違いや使い分けは?

「習得」と似た言葉で「修得」があります。

ややこしいですね。

「修得」も広辞苑で調べます。

【修得】
・習い覚えて身につけること。

 
前に説明した「習得」の意味と同じですね。

ただし、ほかの辞書も調べてみましたが、「修得」には「学問などを身につけること」といった意味に加え「学業の課程を履修し終わること」といった意味がありました。

つまり、「習得」は「習って覚えること」、「修得」も「習い覚えて身につけること」で同じ意味ですが、「修得」については「学業の課程を履修し終わること」といった意味が加わるのです。

課程がある学業というとは、つまり「学校」のことですね。

ですから、学校へ入学し、その全課程を学び身につけた時には「修得」を使います。

教科1

基本的に「習得」と「修得」は、どちらも同じ「習って覚えて身につける」という意味です。

どちらを使っても間違いではありませんが、学校へ入学し課程を学ぶ時は「修得」がふさわしいということです。

一説では、「学問」は「修得」であり、「学問以外」は「習得」といった意見もあります。

ですが、「習得」の意味を様々な辞書で調べましたが、「学問など」といった説明が多くありました。

「学問」と「学問以外」で区別するのは違うということです。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が「取得」と「習得」の意味の違いや使い分けなどについてでした。

「取得」は方法を問わず自分の手に入れること、「習得」は繰り返し練習したり習って自分のものにすることです。

資格や免許には「取得」、学問や技術には「習得」を使います。

また、株式や不動産など、目に見えるものは「取得」です。

 - 暮らし・生活・雑学