お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

Investigate Blog

暮らし・生活・雑学

「所有」と「占有」の違い!徹底調査した結果を詳しく解説!

投稿日:

「物を所有する」の「所有」と似た言葉で「占有」があります。
 
 
「占有」は、日常的に頻繁に使う言葉ではありまあせん。

ですが、「所有」との使い分けが今一つまぎらわしい言葉です。
 
 
ということで、「所有」と「占有」の違いを徹底的に調べてみましたよ!
 
 
本記事では、「所有」と「占有」の意味の違いと使い分けについて、徹底調査した結果をお伝えしていきます。

かなり、奥深く調べましたのでご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「所有」と「占有」の違い!

最初に、「所有」と「占有」の違いを簡潔にお伝えします。

「所有」とは、自分の物として持っていることです。

「占有」とは、自分がその物を支配していることです。

 
では、さらにわかりやすく説明していきますね。
 

①「自分の物として持つ」と「支配する」の違い!

「所有」と「占有」の最大の違いのポイントはその物の「名義人」です。
 
 
「所有」とは「自分名義」の物を持つこと。

ですから、「所有」している人はその物を持ち続けることもできますし、捨てることもできます。
 
 
そして「占有」は、誰の名義であってもその物を支配していれば「占有」していることになるのですね。
 
 
たとえば、賃貸アパートの部屋に入居して生活したとします。

アパートの部屋を「所有」しているのは大家さんです。

そして、アパートの部屋を「占有」しているのは部屋を借りた入居者ということになるのですね。

アパート
 

②「占有」は違法の場合もある!

たとえば、物に対価を支払い購入することで合法的に「所有」することができますが、「占有」は必ず合法であるとは限りません。
 
 
たとえば、車を盗んで、その車を使い続けたとします。

これも、他人「所有」の車なのですが、泥棒した人が「占有」していることになります。

泥棒した人が車を支配しているから「占有」なのですね。
 
 
ちなみに、盗まれた車を「所有者」が「占有者」から力ずくで取りもどすことはできません。

これは、「占有者」が盗んだ物であっても「占有権」で守られているためです。
 
 
「所有者」が、車を取り戻す方法は話し合いか被害届か訴訟です。

被害届を出すことで、窃盗ということになるのですね。

運転
 

③「所有」と「占有」は共存する場合がある!

自分の名義の物を持つことが「所有」、物を支配していることが「占有」ですが、この2つは共存することもあります。
 
 
自分で車を購入してその車を使うことで、「所有」して「占有」していることになるのですね。

これは、洋服でも自転車でもマイホームでも同じです。

自転車
 

④「所有」と「占有」の違いを整理!

では、一旦「所有」と「占有」の違いを整理しますね。
 
 
「所有」とは、自分の名義の物を持つことです。

そして「占有」とは、名義人にかかわらずその物を支配すること。
 
 
「所有者」から盗んだ物であっても、盗んだ人はその物を支配することで「占有」していることになります。

名義人と支配している人が同一の場合は、「所有者」と「占有者」は同一人物となります。
 


 

2.「所有」と「占有」の辞書での意味!

次に、辞書で「所有」と「占有」の意味がどうなっているのかみていきましょう。
 

①「所有」の辞書での意味!

【所有】
・自分のものとして持っていること。また、持っているもの。「―地」「―者」

引用元:旺文社国語辞典

これは、自分の名義の物を持つということですね。

要するに、前の項で説明した内容と同じです。

印鑑
 

②「占有」の辞書での意味!

【占有】
①自分のものとすること。「市場―率」
②民法では、自己のためにする意思を持って物を所持すること。「―権」

引用元:旺文社国語辞典

意味①は「自分の物とすること」、意味②が「物を所持すること」となっていてわかりにくいのですね。

要するに、名義は関係なく支配するということです。
 


 

3.「所有」と「占有」の使い方!

続いて、「所有」と「占有」の具体的な使い方をご紹介します。
 

①「所有」の使い方!

・バスは旅行会社の所有物ではなかった。

・多くの靴を所有しているがほとんど使わずに飾ってある。

・2日前から所有者不明の車が放置されている。

・美術館に展示されている絵画の所有者はフランス人。

所有している自宅を担保に借金をする。
 

②「占有」の使い方!

・2人用の座席を1人で占有してしまう。

・父の腕時計だが普段は自分が使っているので占有権は自分。

・正体不明の人間がいつの間にかビルを占有している。

・アパートの部屋の占有者が行方不明になりその家族が入居してしまった。

・自分の土地であるが占有している会社は介護施設となっている。

車椅子
 

4.「所有」や「占有」には似た意味の言葉がたくさんある!

「所有」や「占有」には、似たような意味の言葉が多いです。
 
 
たとえば、「保有」

「所有」と「保有」の違いは、「所有」は自分の名義の物を持つことですが、「保有」は自分の名義のほかに借りた物も含むということです。
 
 
つまり、他人名義の物であっても「保有」は成り立つのですね。

それから、「株式」などのように後に手放す前提の物に「保有」が多く使われます。
 
 
詳しい内容については、下の関連記事をご覧ください。

 
その他にも、「所有」や「占有」に似たような意味の言葉はたくさんあります。

下の関連記事も覗いてみてください。

 
ぜひ参考にしてください。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「所有」と「占有」の意味の違いと使い分けについてでした。
 
 
「所有」とは、物を持つことなのですが、必ず自分の名義の物に限ります。

一方の「占有」とは、物を支配することであり、この場合は自分の物であるか他人の物かは関係ありません。
 
 
ですから、盗んだ物であってもその物を支配することで「占有」していることになってしまいます。
 
 
また、「所有」と「占有」はお互い共存しますので、「所有者」と「占有者」が同じであることは普通のことなのですね。





関連記事と広告

-暮らし・生活・雑学

Copyright© Investigate Blog , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.