お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

Investigate Blog

暮らし・生活・雑学

「接客」と「応対」の違い!意味を徹底的に深掘りしてみた!

投稿日:

 
「接客」と「応対」。

似ています…。
 
 
普通は「接客応対」というように、同列に扱われる言葉…。

ほとんど同じ意味では?と思っていましたが…。

では、本当に「接客」と「応対」は同じ意味なのか??
 
 
 
ということで、この2つの言葉の意味を徹底的に分析してみましたよ!

実は、「接客」と「応対」は意味が違っていました!
 
 
本記事では、「接客」と「応対」の意味の違いと使い分けについて、わかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「接客」と「応対」の意味の違い!

最初に、「接客」と「応対」の意味の違いを簡潔にお伝えします。

「接客」とは、相手の話を聞いて受け答えをすること、また、相手をもてなすこと。

「応対」とは、相手の話を聞いて受け答えをすること。

 
一言で表現すると、こういった違いです。

それでは、さらに詳細に紐解いていきますね。
 

①「接客」の意味とは!

「接客」は、相手の話を聞いて受け答えをすること、また、相手をもてなすこと。

「応対」は「相手の話を聞いて受け答えをすること」ですので、この部分は「接客」との共通点。

つまり、大きな「接客」の意味があり、その中に「応対」が含まれるということです。
 
 
 
では、「接客」の意味を詳しく説明していきますね。

まず、「相手の話を聞いて受け答えをする」という部分。

これは、お客様が電話をしてきた時に、そのお客様の話を聞いて受け答えするということです。

これは、窓口にお客様が直接来た場合も同様。
 
 
 
そして、「接客」のもう一つの意味である「相手をもてなす」。

「もてなす」ということは、料理を出したり、待遇するということ。
 
 
東京オリンピックの誘致で話題になった、「お・も・て・な・し」ですね。

個人的には友人を自宅に招く時にもてなしますし、あとは飲食店などでも行われています。

こういったことが「接客」です。

酒
 

②「応対」の意味とは!

「応対」は、相手の話を聞いて受け答えをすること。

「相手の話を聞いて受け答えをする」については、「接客」と同じ意味ですので前項で説明しました。

お客様からの電話や来社に対して、話を聞いて受け答えするということです。
 
 
 
そして、「応対」には「相手をもてなす」という意味はありません。

この部分が、「接客」との違いです。

ですから、料理を出したり待遇することを正確には「応対」とはいいません。
 
 
 
ちなみに、「応対」と似た言葉で「対応」があります。

「応対」は相手が必ず「人」に限定されますが、「対応」は「人」とは限りません。

たとえば、「災害対応」といいますが、「災害応対」とはいいませんよね。
 
 
そして、「応対」と「対応」はどちらも「人」に対して使います。

たとえば、「来社された方の応対をする」といいますし、「来社された方の対応をする」ともいいます。

要件2
 

③「接客」と「応対」の違いを整理!

それでは、ここで一度「接客」と「応対」の違いを整理します。
 
 
相手の話を聞いて受け答えをする、また、相手をもてなすのが「接客」。

相手の話を聞いて受け答えをするのが「応対」。
 
 
「応対」には「もてなす」意味はありません。

 


 

2.「接客」と「応対」の辞書での意味!

続いて、辞書による「接客」と「応対」の意味がどうなっているのか確認していきます。
 

①「接客」の辞書での意味!

【接客】

・客に接して応対したりもてなしたりすること。「―態度」

引用元:旺文社国語辞典

説明どおりの内容です。
 

②「応対」の辞書での意味!

【応対】

・相手の話を聞き、受け答えをすること。「係員の―」「手際よく―する」

引用元:旺文社国語辞典

「もてなす」という意味がありません。

内容は、説明どおりですね。

シャンパン
 

3.「接客」と「応対」の使い方!

次に、「接客」と「応対」の使い方を例文で紹介します。
 

①「接客」の使い方!

・ホールスタッフは主に接客を担当する。

接客業からIT業界へ異色のキャリアチェンジ。

・定年後も接客技術を見込まれて嘱託勤務を依頼される。

・警備員を務めたことで接客の楽しさに目覚める。
 

②「応対」の使い方!

・企業電話応対コンテストに出場。

・電話での応対に苦手意識を持つ人が少なくない。

・社会人が経験した電話応対の失敗談を紹介。

・出荷の指示や顧客への応対など多岐に渡る。

カウンセリング
 

4.「接客」や「応対」には似た意味の言葉がたくさんある!

「接客」や「応対」には似た意味の言葉がたくさんありますよ。

下の関連記事も、覗いてみてください。

 
ぜひ、参考にしてみてくださいね。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「接客」と「応対」の意味の違いと使い分けについてでした。
 
 
「接客」は、相手の話を聞いて受け答えをすること、また、相手をもてなすこと。

「応対」は、相手の話を聞いて受け答えをすること。
 
 
「相手をもてなす」のは「接客」だけ、「応対」にはそういった意味はありません。





関連記事と広告

-暮らし・生活・雑学

Copyright© Investigate Blog , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.