Investigate Blog

お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

*

「実情」と「実状」の違いとは!意味と使い方の微妙な違いを解説!

      2019/01/21

「実情」と「実状」の違いって、なんだ…?と思い…

実際に辞書で調べてみたのですが、辞書によっては同じ意味として載っているものもあるようです…。
 
 
そこで、広辞苑を調べてみたのですが…、微妙な違いを解説していました…。

しかも、凄く分かりにくい表現で…。

パッと見ても、伝わらないのでは?といった気持ちになりましたよ…。
 
 
そこで、本記事では、「実情」と「実状」の意味の違いや使い分けについて、広辞苑の内容をさらに分かりやすく、例文を使って説明していきます。

しっかりと、ご理解いただけると思いますのでこうご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「実情」と「実状」の意味の違いと使い分けは?

「実情」と「実状」を広辞苑で調べてみると、先にお伝えしたとおり別々に記載されています。

ですから、意味も違うということ。

【実情】
①まことの心。真情。経国美談「悔悟の実情を表せしめり」
②実際の事情。ありのままの情況。「表向きはそうだが、実情はこうだ」

【実状】
①本来の姿。
②実際のありさま。「実状を視察する」

 
パッと見て、分かりにくいのですが…。

よくよく見比べてみると…、要するにこれ。

目で見てわかる・外面的な物事のありさま「実状」です。

そして、その実状の裏に隠されていることや物事の内面まで見るのが「実情」です。
 
 
「実情」の「情」の字には、心や気持ちという意味がありますよね。

たとえば、「心情」「情熱」「感情」などの言葉があります。
 
 
「実状」の「状」の字は、「状態」や「状況」など、目でみてわかる様子を表すときに使います。
 
 
そして「実情」と「実状」に共通している「実」の字には、「真実」という意味があり、「真実」のほかに「実際」といった意味もあります。

実情1

こういった漢字の意味を組み合わせると、以下のとおりになります。

「実情」→「真実の心情」「実際の感情」

「実状」→「真実の状況」「実際の状態」

一言でまとめると、目で見えないのが「実情」、目で見えるのが「実状」ということもできます。
 

スポンサードリンク

 

2.「実情」と「実状」の使い方を例文で解説!

二つの使い分けや例文がこちら。

【実情の具体的な使用例】

・本人が苦労してきた現在の実情。
(本人の苦労は本人以外には見えない部分が多いです。)

・裕福な暮らしの実情が彼の人生。
(裕福の暮らしの裏には何があるのか、目に見えません。)

・芸能界の人間関係の実情を暴露する。
(芸能人の人間関係は一般人には見えません。)

・間夫に尽くせる実情、こみ入つたる事(洒落本・婦身嘘)
(間男に尽くす気持ちは見えません。)

人の心情・気持ちを含む内面の事情を含んでいますので、「実情」が使われます。

 
実情2
 

【実状の具体的な使用例】

・被害の実状を調査する。
(被害の状況は目で見て計算します。)

・トラック業界の当時の実状。
(トラック業界の目で見える状況のことです。)

・労働運動の実状について。
(労働運動がどのような展開をしているのかの状況です。)

・周囲の実状とは。
(目で見える周囲の状況のことです。)

※この場合は実際の外面的な状況が主体となり、心情は含まれませんので「実状」が使われます。

 
こうして見てみると、「実情」は「事情」とよみかえることができますね。
 

スポンサードリンク

 

「現況」と「現状」の違いについては、コチラの関連記事をどうぞ!

「現況」と「現状」の違いを解説!意味と使い分けは?

「状況」と「状態」の違いについての関連記事はコチラです!

「状況」と「状態」の違いを徹底解説!意味の違いと使い分けは?

 
 

まとめ

以上が、「実情」と「実状」の違いや使い分けについてでした。

同じ読み方の漢字ですが、意味が違うということですね。
 
 
「状」は外面的。

そして「情」は内面的、事情やそれに携わる人の心情まで含めた「ものごとのようす」をあらわすと覚えておくとよいですね。
 
 
「実情」「実状」の「実」は「実際」「真実」「現実」の「実」、「ほんとうの」「ありのままの」という意味です。

 

Pocket
LINEで送る

 - 暮らし・生活・雑学