お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

Investigate Blog

暮らし・生活・雑学

「デニッシュ」と「パン」の違い!わかりやすく解説するよ!

更新日:

 
私の妻はパンが大好物で、新しくできたパン屋さんを見つけると確実に立ち寄ります。

そのお店の味をチェックするのですよ!
 
 
ところで、私も時々パン屋訪問を付き合わされるのですが…。

そこでたまに目にするのが、一斤で売っている「食パン」と「デニッシュ」…。
 
 
この2つ、よく見ても違いがわからない…。

何がどう違うのだろう…????
 
 
 
ということで、この2つのパン?を徹底的に調べてみました。

本記事では、「デニッシュ」と「パン」の違いについて、わかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!!
 

スポンサードリンク

 

1.「デニッシュ」と「パン」の違いとは!

最初に、「デニッシュ」と「パン」の違いを簡潔にお伝えします。

「デニッシュ」とは、小麦粉にイースト菌を加えて発酵させた生地にバターを加え薄く何層にも重ねて焼いた菓子パンのこと。砂糖やチョコレート、ジャムやフルーツといった甘い食材を包んだり挟んだりすることが多い。

「パン」とは、小麦粉などにイースト菌を加えて発酵させた生地を焼いた食べ物のこと。

 
簡単にまとめると、こういった違いです。

それでは、それぞれについてさらに詳しく解説していきますね。

デニッシュ
 

2.「デニッシュ」とは!

「デニッシュ」は、デンマーク発祥の菓子パンのこと。

ですから、「パン」の種類の一つということができます。
 
 
正確には「デニッシュペストリー」といって、「ペストリー」には「パイ」や「タルト」の意味合いがあります。

ですから、「デニッシュ」も薄くした生地を何層も重ねて、パイのようなサクサク感がでるように焼き上げるのですね。
 
 
 
原料は、小麦粉とイースト菌ですが、ここまでは普通の「パン」と同じ。

それにバターを多く加えます

その他に、砂糖やチョコレート、ジャムやフルーツといったものを加える場合が多いのですが、こういった甘い食材を使うのが菓子パンであるゆえん
 
 
形状に決まりがあるわけでもなく、つくる人によって様々です。

食パンのような四角いものもあれば、パイのような丸い形のものもあります。
 
 
ただし、「デニッシュ」に共通しているのが、多くのバターを使うことと、生地を何層にも重ねること。

このため、「サクサクッ」とした食感になります。
 
 
 
この「バター」と「何層にも重ねる」という部分はクロワッサンと共通しているのですが、「デニッシュ」はデンマーク発祥、「クロワッサン」はフランス発祥といった違いが。

しかも、形状に決まりがない「デニッシュ」に対し、「クロワッサン」は三日月形が基本。

また、おやつのような菓子パンの位置付けなのが「デニッシュ」で、食事的な位置付けなのが「クロワッサン」です。
 
 
 
おすすめの「デニッシュ」を紹介します。



 
これは、京都のボローニャの「デニッシュ食パン」です。

ちなみに、「デニッシュ」は菓子パンと紹介しましたが、そういった概念を最初に取り払ったのがこのボローニャ。
 
 
おやつの菓子パンから、食事のための「デニッシュ」にしたのです。

日本生まれの「デニッシュ食パン」、美味しそうですね!!
 


 

3.「パン」とは!

「パン」は、小麦粉などにイースト菌を加えて発酵させた生地を焼いた食べ物。
 
 
小麦粉が一般的ですが、様々な穀物を使ったパンがあります。

たとえば、「ライ麦」「大麦」「米」「トウモロコシ」といったもの。

ですから、菓子パンである「デニッシュ」も「パン」の一つということができます。
 
 
ちなみに、「デニッシュ」を食パンのように四角く焼き上げる場合もありますが…。

この場合は、薄い層が何層もあるのが「デニッシュ」で、層になっていないのが「食パン」です。
 
 
ただし、一斤で売られている場合は、「層」が見えないため判別は難しい…。

この場合は、お店に確認するしかありません…。
 
 
 
ところで、この「パン」なのですが…。

やはり、焼きたてが最高!

その焼きたての「パン」を、家庭でいつでも味わうことができるようにしたのが下の製品。



 
これは、パナソニック製のホームベーカリー。
 
 
パン職人が、美味しいパンをつくるためにこだわるのはその日の気温。

そういった細かい気温の変化を感じ取り、微調整するのが職人技というもの。

このパナソニックのホームベーカリーは、そういった変化を温度センサーで感じ取り美味しく焼いてくれます。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「デニッシュ」と「パン」の違いについてでした。
 
 
「デニッシュ」は、デンマーク発祥の菓子パン。

薄い層が何層にも重なり、サクサクの食感が特長です。
 
 
「パン」は、小麦粉などにイースト菌を加えて発酵させた生地を焼いたもの。

「デニッシュ」は「パン」の一つということです。

パンの解説をしてきましたが、パンを食べる時に必要になるのが「トースター」ですよね。

この「トースター」について詳しく解説した記事がありますよ。

美味しく焼ける高性能トースターも紹介していますので、ぜひ覗いてみてください。

ホットサンドメーカーとトースターの違いとは!代わりになる?

 





関連記事と広告

-暮らし・生活・雑学

Copyright© Investigate Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.