Investigate Blog

お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

*

「夫人」と「婦人」の違いを解説!意味や使い分けは?

      2018/11/10

Pocket
LINEで送る

よくテレビで活躍している「デヴィ夫人」。

人気者ですね。

デヴィ夫人はなぜ「夫人」をつけて呼ぶのでしょう??

不思議です…。

ところで、「ふじん」という字は「夫人」と「婦人」がありますよね。

どちらも、女性の意味のようですが、違いや使い分けっていわれると…??

また、「夫人」の「夫」って「おっと」のこと、男性の意味なのでは?

なぜ男性の意味がある「夫」が、女性の意味がある「夫人」に使われるの?

ということで、今回は「夫人」と「婦人」の違いや使い分け、またその意味を深堀して紹介します。
 

スポンサードリンク

 

1.「夫人」と「婦人」の違いのポイント!

最初に、簡単に「夫人」と「婦人」の意味の違いのポイントについてお伝えします。

たった一言であらわすならば、以下のとおりです。

夫人:他人の妻の敬称

婦人:成人した女性

それでは、「夫人」と「婦人」の意味の違いについて、さらに詳しく例文を使いながら説明しますね。

女性
 

2.「夫人」の意味とは!

それでは、「夫人」の意味から説明します。

【夫人】

・他人の妻の敬称。奥様。

 
ということで、「夫人」とは誰かの奥様を敬って呼ぶ時に使う言葉です。

「夫人」の「夫」は、結婚している男性の意味の「おっと」や「成人した男」といった意味があります。

「夫」は、主に「男」の意味があるのに、女性に使うのは不思議ですよね。

これにはキチンとした理由があります。

そもそも、「夫人」の「夫」は元々「扶」だったといわれています。

扶養家族の「扶」です。

「扶」は、「助ける」や「力を貸す」といった意味があるのです。

しかも「扶」の語源は、「夫」に「てへん」で、夫の体に手を添えて支えるということがもとになっているのです。

つまり、「夫を支える人」という意味なのですね。

やがて、元々「扶人」だったものが「夫人」に変化したのです。

母

「夫人」は、昔の中国では天子のお后さま、つまり皇帝の妻のことを指していました。

また、天子の直属の部下である「諸侯」の妻の意味もありました。

日本では、皇后陛下や妃殿下に次ぐ高い地位の女官、つまり宮中につかえる女性のことを指していたのです。

ですから、「夫人」とは元々高い地位の女性のことだったのですね。

そういった理由もあり、現代では誰かの奥様を呼ぶ時の敬称になりました。

現在は、「社長夫人」や「院長夫人」といった使われ方をします。

社会的地位が高い人の奥様に対して多く使われます。
 

スポンサードリンク

 

3.「婦人」の意味とは!

続いて、「婦人」の意味を説明しますね。

【婦人】

・成人した女性。女。

 
「婦人」は、女性のことです。

女性は女性でも、一般的には成人した女性に多く使われます。

女の子の赤ちゃんを「婦人」とはいいませんものね。

「婦人」の「婦」は、「妻」の意味もありますが「女性」や「成人した女性」という意味もあります。

ですから、「婦人」はそのとおり「女性」や「成人した女性」ということです。

コンプライアンス2

元々「婦人」という言葉は、女性の社会進出の運動に使われた言葉です。

大正時代に創刊された雑誌「婦人公論」は、「女性の権利の拡張」がコンセプトでした。

また、大正時代の女性の参政権を訴えた運動を「婦人参政権運動」や「婦人運動」といいます。

つまり「婦人」とは、単なる女性という意味だけではなく、昔は「意識の高い女性」という意味の使われ方をしていたのです。

そういった昔に比べれば、現在の男性と女性の地位は対等となりました。

そういったことが理由かなのかはわかりませんが、「婦人」という言葉はあまり使われなくなってきたような気がします。
 

スポンサードリンク

 

4.「夫人」と「婦人」の違い!

ということで、「夫人」と「婦人」の違いを整理します。

「夫人」は、他人の妻の敬称です。

「婦人」は、主に成人した女性のことです。

それでは、違いを順にわかりやすく解説しますね。

①既婚女性と成人女性の違い!

「婦人」は、女性という意味もありますが、一般的には成人した女性のことを指します。

そして、その女性の中でも結婚して夫が存在する女性を敬った言葉が「夫人」です。

つまり、成人した女性は「婦人」、結婚している女性は「夫人」です。

ですから、大きな「婦人」の枠の中に、「夫人」が含まれるということですね。

②敬称か敬称でないかの違い!

また、「夫人」は敬称であるのに対し、「婦人」は敬称ではありません。

ですから、基本的には「御夫人」とはいいません。

敬語を重ねて使う言葉も存在しますが、この場合は「御夫人」とはいいません。

ただし、最上級の敬った言葉として「令夫人」という使い方はあります。

娘を敬った言葉が「令嬢」、妻が「令夫人」です。

「婦人」に「御」をつけた「御婦人」は問題ありません。

③夫がいなくなった場合は?

では、夫がいなくなってしまった女性の場合はどうなるのか?

基本的に、離婚した女性を「婦人」と呼ぶのは問題ありませんが「夫人」とは呼びません。

ただし、夫が亡くなってしまった場合は「夫人」と呼んでも差し支えありません。

もちろんその場合は「婦人」でも大丈夫です。

④英語での違い!

また、「夫人」と「婦人」を英語にするとどうなるのか?

「夫人」は、「Mrs.(ミスィズ)」「madam(マダム)」となります。

「婦人」は、「lady(レディ)」「woman(ウーマン)」です。

別添1
 

5.「夫人」と「婦人」の使い方!

では、「夫人」と「婦人」の実際の使い方を例文で紹介します。

【「夫人」の使い方】

・日居月諸は、君主とその夫人、父と母などのたとえ。

夫人を同伴して出席する。

・伯爵夫人の威厳。

・大統領夫人もご一緒に来日した。

【「婦人」の使い方】

・貴婦人の訪問。

婦人服売り場に行く。

婦人科で診察を受ける。

・区内に婦人会館が建設された。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「夫人」と「婦人」の意味の違いや使い分けなどについてでした。

「夫人」は他人の妻の敬称、「婦人」は成人した女性のことです。

ですから、「夫人」と「婦人」を英語にすると、「夫人」は「Mrs.(ミスィズ)」で「婦人」は「woman(ウーマン)」となります。

なんとなく、英語の方がわかりやすいかもしれませんね。

ちなみに、「Mrs.(ミスィズ)」は必ず名前とセットであり単独では使いませんよ。

 - 暮らし・生活・雑学