Investigate Blog

お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

*

「杏」と「梅」の違いを徹底解説!見分け方は?どこが違う?

      2017/11/30

庭に杏と梅の木があるらしい……のですが、私はどれがそれなのか、どっちがどっちなのか見分けがつきません。
さすがに実の方は見分けがつきますが、これがどっちもおいしくないんだ(笑)
梅はもちろん生では食べられませんが、うちは杏もすっぱくて食べられない。
実以外で区別するとしたら……花、か!花は……うーん、ひきこもり気味なので、庭の花もいつの間にか咲いていつの間にか散っています。
杏の花ってどんなのだっけ?
ちゃんと見たことがないかも(^^;)
ということで、今回は杏と梅の違いや見分け方などについて調べてみました。
 

スポンサードリンク

 

1.「杏」と「梅」の違いは?

「杏」と「梅」はとても近い種(近縁種)です。

どちらもバラ科サクラ属で、花や実の形も似ています。

【杏】

バラ科サクラ属。中国原産。

開花は春、1か所から1つずつの花が枝の全体に咲く。

花びらは丸く、萼(がく)が反りかえる。

花が咲くときには葉はない。

杏1

花が咲いた後実をつける。

実は梅に似ていて、梅より大きい。

実は熟すと黄色~濃い黄色になる。

甘みがあるため生食もできるが、ジャムなどに加工することが多い。

【杏の花と完熟した実】

 

【梅】

バラ科サクラ属。

開花は春、1か所から1つずつの花が枝の根元近くに咲く。

花びらは丸く、萼(がく)は反りかえらない。

花が咲くときには葉はない。

杏2

花が咲いた後実がなる。

実は熟しても緑色のまま、生食はできない。

梅干しやジャム、梅酒などに加工する。

【梅の実】

 
なるほど、世間一般的には杏は「甘い」のですね。

うちの杏がすっぱいのは日当たりが悪いのか、それとも品種の問題なのか。

うちでは杏ジャムにして冷凍しています。

ジャムにすると、なかなかおいしいですよ。

でも、市販のジャムの方がずっとおいしい、やっぱりジャムはジャム屋です。

家にあるのに、おいしいジャムが食べたくてつい買ってしまいます(笑)

【利久堂 手造り杏ジャム】

 
「杏」と「梅」の説明を見比べてみると、花の咲き方や実の大きさと色に違いがありますね。

あとは、実を生で食べることができる「杏」と、生では食べることができない「梅」

つまり、酸味の強さの違いでしょうか。

杏3
 

2.「ロウバイ(蝋梅)」と「梅」の違いは?

「ロウバイ(蝋梅)」とは、漢字の通り、蝋細工のような黄色い花を咲かせる中国原産の植物です。

一見、梅の仲間のようですが、ロウバイはクスノキ目ロウバイ科ロウバイ属なので、梅の仲間ではありません。

ロウバイは12月中旬~2月にかけて黄色のかわいらしい花を咲かせます。

新春の花ですね。

中国では、ロウバイは梅、水仙、椿とともに「雪中の四花」として尊ばれているそうです。

日本に入ってきたのは江戸時代初期、梅や桃に先駆けて咲くため、日本でも愛されてきました。

香りもとてもよい花です。

ただし、ロウバイの実は食用ではありませんし、特に種には毒があります。
 
【ロウバイの実】


 
ちなみに、同じ「ロウバイ」でも「老梅」と書くときには、梅のこと、梅の老木です。

単純に、長い年月を経た梅の木のことを「老梅」というのですね。

下は、ロウバイの花の写真です。

杏4
 

まとめ

以上が、杏と梅の違いや見分け方などについてでした。

杏と梅は花のつき方や実の大きさなどに違いがあります。

ただ、元々とても近い種の植物です。

なんだか、アメリカでは梅の木に数年後に杏の実がなったといったニュースがあったらしいのですが、すごいですね。

なんだか杏と梅は近い品種だかららしいのですが、うちの庭ではそんな珍現象は起きていません。
 

スポンサードリンク

 

Pocket
LINEで送る

 - 暮らし・生活・雑学