Investigate Blog

お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

*

「少年」と「青年」の違い!年齢は?少年漫画/青年漫画の違いは?

      2018/11/22

Pocket
LINEで送る

「少年」と「青年」、あたりまえにしょっちゅう目にしたり耳にします。

ですが、この「少年」と「青年」、いった何歳が区切りなのでしょう??

不思議です…。

もしかして、「少年」の時代と「青年」の時代がかぶっている歳があるのでは!

ということで、今回は「少年」と「青年」の違いなどについて調べてみました。
 

スポンサードリンク

 

1.「少年」と「青年」の違いは?

①辞書による「少年」と「青年」の違い!

まずは、「少年」と「青年」の意味を辞書で調べてみます。

【少年】
・年の若い者。おもに十代の男子。未成年者。

【青年】
・年の若い男女。若者。二十歳前後から二十代後半くらいの者をさしていうことが多い。多く男性をさしていう。

 
辞書によると、「少年」は未成年者で、「青年」は20歳前後~20代後半くらいといった説明ですね。

そして、「少年」「青年」ともに「主に男性」を指しています。

ですが、「青年」の意味で「若い男女」とありますし、「少年」の意味の「主に男子」とありますので、女性に対しても「少年」や「青年」を使う場合があるということですね。
 

スポンサードリンク

 

②「少年」と「青年」の年齢の定義とは?

こんどは、「少年」と「青年」のはっきりとした年齢などの定義を調べてみます。

【少年】
・児童福祉法:小学校1年生~18歳
・少年法:20歳未満

【青年】
・法的な定義はない

 
ということで、「少年」については上記のとおり法律で定義づけされています。

しかし、「青年」の年齢に関する定義はありません。

「青年」については、様々な組織で独自に「青年」という言葉を使用して、独自に年齢の定義づけを行っていますがその年齢はバラバラ。

たとえば、「JICA青年海外協力隊」の青年は20歳~39歳、「自由民主党青年局」の青年は45歳以下のことです。

厚生労働省の若年者雇用に関する定義では、15歳~34歳を青年層としています。

文部科学省では、はっきりとした年齢の定義はないものの、だいたい高校卒業以降の時期から30歳未満を青年期としています。

ほかにも、様々な定義はありますが、年齢の定義はその組織によってバラバラであるということです。

青年

③「少年」とは?「青年」とは?

辞書によれば「少年」は10代、「青年」は20歳前後~20代までです。

ですが、「この年齢が少年」や「青年は何歳から」といったはっきりとした定義はありません。

法律でも、その法律によって「少年」の年齢がバラバラですので。

しかも「青年」については、年齢を法的に規定するものがありません。

たとえばですが、幼稚園児を「少年」と呼ぶのはなんとなく違和感がありますよね。

また、高校を卒業した19歳くらいのお兄さんを「少年」と呼ぶのも何か変です。

体格は完全に大人なわけですし…。

私の独自の意見ではありますが、「少年」とは小学生から中学生、「青年」は高校生から大学生までと思っています。

勝手にです、はい。
 

スポンサードリンク

 

2.「少年漫画」と「青年漫画」の違いは?

明治以降の日本の漫画は、「風刺漫画」から「4コマ漫画」と変遷し、やがてストーリーがある連載形式の漫画が誕生します。

そういった中で、子供向けの漫画として「のらくろ」が誕生し、1930年代に少年雑誌に連載されました。

当時の漫画の対象年齢は、子供も子供、結構な低い年齢層だったと思われます。

その後、手塚治虫さんの「鉄腕アトム」や「ジャングル大帝」など、続々と子供向けの漫画が登場します。

この頃になると、少し上の年齢層でも引き込まれるような素晴らしいストーリーの漫画となり、対象年齢もどんどん上がっていきました。

こういったように、少年漫画の幅がどんどん広がり、少し上の年齢層でも楽しめる青年漫画が誕生したということです。

読書

少年漫画と青年漫画の、年齢によるはっきりとした定義は存在しません。

ですが、「少年漫画」はだいたい小学校高学年以上を対象にしているそうです。

そして、中学生以上は「ヤング漫画」。

「青年漫画」は高校生以上が対象です。

これは、あくまでも目安です。

「面白い」と思った人がその漫画を読むわけですが、その年齢はその人の感じ方で様々なわけですから。

ただし、漫画を掲載する雑誌側は、その漫画を読む年齢層を十分考慮して、年齢的にふさわしいものかを判断しているそうです。

ちなみに、「少年漫画」よりも下の年齢層になると、「幼年漫画」「児童漫画」といいます。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「少年」と「青年」の違いなどについてでした。

辞書による「少年」の意味は「年の若い者。おもに十代の男子」となっています。

一方の「青年」は「年の若い男女。若者。二十歳前後から二十代後半くらいの者をさしていうことが多い」となっています。

つまり、辞書では10代が「少年」で、20歳前後~20代までが「青年」です。

また、「少年」は法律で年齢が定められてはいるものの、あくまでもその法律に適用するかどうかの年齢であり、しかも法律も複数ありバラバラです。

そして、「青年」の年齢の定義はありません…。

ですから、特にまぎらわしい19歳が「少年」なのか「青年」なのかは謎です。

ところで、「少年漫画」と「青年漫画」を説明しましたが、「漫画」と「劇画」の違いをご存知ですか?

下の記事で、「漫画」と「劇画」の違いを解説していますので、もし興味がございましたらご覧ください。

【関連記事:「漫画」と「劇画」の違い!】

 - 暮らし・生活・雑学