お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

Investigate Blog

暮らし・生活・雑学

「戸」と「軒」の違い!調べたら意外な差異があったよ!

投稿日:

「戸」と「軒」といえば、「訪問戸数」や「訪問軒数」といった使い方をします。
 
 
「えっ…?ということは、同じ意味??」と思っています…。

ということで、そういった紛らわしい部分を徹底的に紐解いてみましたよ!
 
 
本記事では、「戸」と「軒」の意味の違いと使い分けについて、徹底調査した結果をお伝えしていきます。

結構深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「戸」と「軒」の違い!

最初に、「戸」と「軒」の違いを端的にお伝えします。

「戸」とは、世帯を数える時の言葉で、家や世帯の意味もあります。

「軒」とは、家を数える時の言葉で、家の意味もあります。

 
簡単に言ってしまえば、「世帯」と「家」といった違いですね。

さらに、意味を深掘りしていきます。
 

①家の中の世帯が重点の「戸」と建物の「軒」

「戸」と「軒」は、主に家や世帯などを数える時に使う「助数詞」です。
 
 
「地震により30戸が分断されている」

「大火により20軒の家が焼失した」

こういった使い方をします。
 
 
ですが、「戸」の方は「建物」のことよりも、その中の「世帯」に重点が置かれているのですね。

そして、「軒」の方は「世帯」ではなく、世帯が住む「家」、つまり「建物」のこと
 
 
数える「助数詞」として使う場合、「戸」の方は「世帯数」、「軒」の方は「建物数」ということになります。

家
 

②「戸」「軒」はともに家の意味もある!

「戸」は助数詞として使う場合は「世帯」に重点が置かれていると説明しました。
 
 
ですが「戸」には、「家」という意味もあります。

「戸」は6世紀以降に日本に伝わった漢字で、当時は「世帯」という意味だったのです。
 
 
その後、「世帯」の意味とともに「家」の意味でも使われるようになりました。

そして「一戸建て住宅」といったように、「家」、つまり「建物」の意味としても広く使われています。
 
 
 
一方の「軒」も、「家」そのものの意味があります。

たとえば、「一軒家賃貸住宅」といった使い方をします。
 
 
 
「家」として使う場合は、「戸」も「軒」も同じ意味になります。

家
 

③「戸」「軒」はともに家の部分をしめす!

「戸」や「軒」は、「家」の意味がありますが、家の部分を示す言葉でもあります。
 
 
「戸」は「こ」と読みますが、そのほかに「と」と読みます。

「戸(と)」は扉の「戸」で、家の出入り口に取り付ける建具ですね。
 
 
そして「軒」は「けん」と読みますが、「のき」とも読みます。

「軒(のき)」とは、屋根の一番下の部分のことです。

家から飛び出している部分の屋根ですね。
 
 
 
ところで、「軒」と似ているのが「庇(ひさし)」です。

「軒」と「庇」の違いについては、下の関連記事をご覧ください。

 
庇1
 

④「戸」と「軒」の違いを整理!

一旦、「戸」と「軒」の違いを整理しますね。
 
 
数える時の助数詞として使う場合、「戸」は「世帯」を数える時に使います。

一方の「軒」は、「家」、つまり「建物」を数える時に使います。
 
 
そして、助数詞以外では、「戸」は「家」「世帯」の意味、「軒」は「家」の意味もあります。

さらに、「戸」は「扉」、「軒」は「屋根の下端」の意味もあります。
 

スポンサードリンク

 

2.「戸」と「軒」の辞書での意味!

「戸」と「軒」の違いを説明しましたが、「戸」と「軒」にはその他にも意味がありますよ。

ということで、「戸」と「軒」の辞書での意味をみていきましょう。

①「戸」の辞書での意味!

【戸(コ・と・へ)】
①と。とびら。家や部屋の出入り口。家の内外をしきる建具。「戸口・戸外・門戸」
②いえ。人家。一家。「戸籍・戸主」
③酒を飲む量。「上戸・下戸」

引用元:旺文社国語辞典

意味①は、最初の項目で説明した「とびら」のことですね。

そして意味②も、最初の項目で説明した「いえ」その物のことで数える時の言葉でもあります。
 
 
意味③は、酒を飲む量をあらわす言葉。

お酒が飲めない人のことを「下戸(げこ)」といいますが、逆に酒豪の人を「上戸(じょうご)」といいます。

「笑い上戸」の「上戸」と同じ意味なのです。
 
 
しょっちゅう聞く言葉ではないのですが、歴史は古く奈良・平安時代からある言葉です。

ちなみに、当時は「大戸」「上戸」「中戸」「下戸」の4種類ありました。
 
 
「上戸」や「下戸」の語源については、下の関連記事をご覧ください。

 
立ち飲み居酒屋
 

②「軒」の辞書での意味!

【軒(ケン・のき)】
①のき。ひさし。ふきおろした屋根のはし。「軒灯・軒溜」
②てすり。らんかん。「軒檻」
③くるま。むかし中国で、大夫以上が乗った車。「軒冕」
④あがる。あげる。高い。「軒軒・軒昂」
⑤書斎名・雅号などに用いる。
⑥家。「軒数・一軒家」
⑦戸数を数えるのに用いる語。「農家五軒」

引用元:旺文社国語辞典

意味①の「のき」は、最初の項目で説明した屋根の一番下の部分のこと。

それから、意味②のように橋の「らんかん」の意味があります。
 
 
意味③は、中国で高位の人物だけが乗車できる車という意味。

意味④のように、「あがる」という意味もあります。

「あがる」という意味では、「意気軒昂」という言葉があります。
 
 
意味⑤は、雅号や戒名などに「軒」が用いられる字ということ。
 
 
意味⑥は、最初の項目で説明した「いえ」。

そして意味⑦も、最初の項目のとおり建物を数える時の言葉ですね。
 

スポンサードリンク

 

3.「戸」と「軒」の使い方!

続いて、「戸」と「軒」の実際の使い方をご紹介します。

①「戸」の使い方!

・地震による断水数を発表する。

籍抄本が必要だ。

・チラシを各に配布する。

・粗末で貧しい家のことを蓬といます。

外で昼寝をする。
 

②「軒」の使い方!

・地震によって分断された地域の数を集約する。

・彼は2の別荘を持っている。

・現在は6目のお客さまの所に滞在中。

・意気昂(いきけんこう/意気込みが盛んなこと)

・八屋(はちけんや/大阪市中央区の地域)

家
 

4.「戸」や「軒」には似た意味の言葉がたくさんある!

「戸」や「軒」には似たような意味の言葉がたくさんあります。
 
 
たとえば、建物を数える時に使う「棟」

「棟」も、「1棟」「2棟」といったように数える時に使います。
 
 
そして、「棟」と似ているのが「塔」です。

どちらも大きな建物を連想します。
 
 
凄く似ていますが、お互いに比べると違いがわかりやすくなりますよ。

もしよかったら、下の記事を覗いてみてください。

 
参考にしていただければ幸いです。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「戸」と「軒」の意味の違いと使い分けについてでした。
 
 
「戸」も「軒」も、数える助数詞として使う場合は「世帯数」が「戸」、「建物数」は「軒」です。
 
 
助数詞以外では、「戸」も「軒」も「家」の意味。

「戸」の場合は、「世帯」の意味もあります。
 
 
また、扉の意味があるのが「戸(と)」、屋根の下端の意味があるのが「軒(のき)」です。





関連記事と広告

-暮らし・生活・雑学

Copyright© Investigate Blog , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.