お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

Investigate Blog

暮らし・生活・雑学

「予想」と「想像」の違い!意味を徹底的に深掘りしてみた!

投稿日:

 
「予想」と「想像」。

似ていて、まぎらわしい…。

自分の頭の中では、キチンと使い分けしているつもりですが…。
 
 
では、何がどう違うのか説明しろと言われれば、…ん…??

確かに…、「明日の天気を予想する」でも「明日の天気を想像する」でも、違和感はありません…。
 
 
 
ということで、この2つの言葉の意味を徹底的に分析してみましたよ!

まぎらわしいのですが、「予想」と「想像」には決定的な違いがありました!
 
 
本記事では、「予想」と「想像」の意味の違いと使い分けについて、具体例でわかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「予想」と「想像」の意味の違い!

最初に、「予想」と「想像」の意味の違いを簡潔にお伝えします。

「予想」とは、物事の成り行きや結果を前もって見当をつけること。

「想像」とは、経験していない物事や、現実にはない物事などを頭の中に思い描くこと。

 
一言で表現すると、こういった違いです。

それでは、さらに詳細に紐解いていきますね。
 

①「予想」の意味とは!

「予想」は、物事の成り行きや結果を前もって見当をつけること。

「予想」のポイントとなるのが、「物事の成り行き」「物事の結果」と、「見当」という部分。

つまり、「物事の成り行き」「物事の結果」を「頭の中に思い描いて」、「見当」をつけるのです。
 
 
そして、「頭の中に思い描く」とありますので、「予想」は「想像」の中に一つであるということができるのですね。

「物事の成り行きを頭の中に思い描く」ということは、「経験していない物事を頭の中に思い描く」の「想像」と同じこと。
 
 
ですが、ただ「想像」するのではなく、「物事の成り行き」「物事の結果」といった限られた条件の中で行います。

さらに、「見当」をつけるとは、「見込み」をつけるということで、あまりにも現実離れした結果のことではありません。

現実に起こるであろうことを「想像」するのが、「見当」をつけるということ。
 
 
 
具体的な例で説明します。

たとえば、「明日はバーベキューですが、雨が降ると予想されますので、当日の朝に可否を連絡します」といったとしますね。

これは、天気に関する「成り行き」を、雨天になると「見当」をつけているわけです。
 
 
「明日の天気」といった限られた条件の中で、「晴れか降雨か」といった現実に起こるであろうことを「想像」しているということ。

ちなみに「想像」は、「予想」と違い、そういった条件はなくなりますので「真夏ではあるが、明日はもしかしたら大雪になるかもしれない」といったことも可能となるわけですね。

雨
 

②「想像」の意味とは!

「想像」は、経験していない物事や、現実にはない物事などを頭の中に思い描くこと。

ただ頭の中に思い浮かべることではありません。

自分が経験したことのないことや、現実にはないことを思い描くのが「想像」です。
 
 
ですから、自分の記憶に残っている物事を思い浮かべるのは「想像」ではありませんよ。

たとえば、「遠い過去である小学生時代の思い出」を頭に思い浮べても、これは「想像」ではありません。

「思い出」は、経験したことですから。
 
 
ただし、「現実にはないことを思い描く」という意味もありますので、経験したとしても現実にないものを思い描く場合もあります。

たとえば、絵画などで「実物のリンゴを想像して、リンゴの絵を描く」といった使い方ですね。

この場合は、「思い出す」のではなく、「現実にないものをつくり出し、思い描く」ということ。

微妙ですが、違いますよ。
 
 
とういうことで、前の項目で説明した「未来の天気の予想」も、まだ経験していませんので「想像」の中の一つということです。
 
 
 
具体的な例で説明しますね。

たとえば、「江戸時代の食事を想像する」といった使い方があります。

江戸時代は経験出来ることではありませんし、その時代の食事は実際に食べることはできません。

そういったものを思い描くことが「想像」です。
 
 
 
おとは、「ドラゴンは想像上の生き物だ」といった使い方。

ドラゴンは実在しませんので、現実にはないものを思い描いています。

これが、「想像」ですね。

創造2
 

③「予想」と「想像」の違いを整理!

それでは、ここで一度「予想」と「想像」の違いを整理します。
 
 
物事の成り行きや結果を、前もって見当をつけることが「予想」。

経験していない物事や、現実にはない物事などを頭の中に思い描くことが「想像」。
 
 
「予想」も「想像」も、未経験のことを頭に思い描きます。

ですから、ある条件の中で見当をつける「予想」は、「想像」の中の一つといえます。
 


 

2.「予想」と「想像」の辞書での意味!

続いて、辞書による「予想」と「想像」の意味がどうなっているのか確認していきます。
 

①「予想」の辞書での意味!

【予想】

・物事のなりゆきや結果をあらかじめ推測すること。まや、その内容。「―が的中する」「勝敗を―する」

引用元:旺文社国語辞典

説明どおりの内容です。

予想
 

②「想像」の辞書での意味!

【想像】

①実際に経験しないことやできないことを、心の中で思いうかべること。

②[心]既知の事実・観念を材料として、新しい事実・観念をつくるはたらき。

引用元:旺文社国語辞典

意味①は説明したおりの内容ですね。

意味②は心理学の専門用語で、内容的にはほぼ同じことを示しています。
 


 

3.「予想」と「想像」の使い方!

次に、「予想」と「想像」の使い方を例文で紹介します。
 

①「予想」の使い方!

・明日は公園駐車場の混雑が予想されます。

・個人投資家による株価予想

・雨が止んでも河川や山など危険が予想される。

・東京五輪の代表に決まるだけに、各階級で激戦が予想される。

・過去8回の大会と同様、優勝チームを予想するのは難しい。
 

②「想像」の使い方!

・他国の実力が想像以上に伸びてきている。

・全国各地の想像を絶する台風被害。

・地獄の一夜を想像させる恐ろしい場面があった。

・作品に込められた物語に想像を膨らませ、その独特の世界観を堪能する。

・麒麟は想像上の動物で、龍や鳳凰と同じ。

鳳凰2
 

4.「予想」や「想像」には似た意味の言葉がたくさんある!

「予想」や「想像」には似た意味の言葉がたくさんありますよ。

下の関連記事も、覗いてみてください。

 
ぜひ、参考にしてみてくださいね。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「予想」と「想像」の意味の違いと使い分けについてでした。
 
 
「予想」は、物事の成り行きや結果を前もって見当をつけること。

現実に起きるであろうことを見込むのが「予想」です。
 
 
「想像」は、経験していない物事や、現実にはない物事などを頭の中に思い描くこと。

思い出すことは、「想像」ではありませんよ。





関連記事と広告

-暮らし・生活・雑学

Copyright© Investigate Blog , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.