お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

Investigate Blog

掃除・洗濯

ゴミを圧縮する方法を解説!実は色々な手段があったよ!

更新日:

 
生活していれば、必ずゴミが発生します…。
 
 
昔であれば、ゴミ集積場に置いておけば、タダでゴミ収集車が持っていってくれていましたが…。

最近では、ゴミ袋が指定されて、その袋にゴミ処理に対する手数料が加算されるようになりました。
 
 
つまり、ゴミ捨ても「タダではない」ということ…。
 
 
 
ということで、より安くでゴミ捨てする方法を徹底的に調べてみました。

本記事では、ゴミを圧縮する方法について、わかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.ゴミを圧縮する方法!

ゴミ袋をなるべく節約するには、ゴミの体積を減らすことが大切。

体積を減らすために、ゴミを圧縮しましょう。
 
 
そして、圧縮するには「潰す」「解体」「切り刻む」といった方法があります。

それでは、それぞれについて詳しく説明していきますね。
 

①ゴミを潰す!

ゴミの体積が増えてしまうのは、ゴミの凹凸や空洞が大きな原因。

その凹凸や空洞を潰してしまえば、ゴミはコンパクトになります
 
 
たとえば、空き缶をそのままの形状で重ねるより、空き缶をペチャンコに潰して重ねることで体積が減りますよね。

これは、空き缶の「中の空洞」が、潰れることで無くなってしまうということ。
 
 
ゴミの凹凸を潰すのも、同じイメージです。

とにかく、力技でゴミを押し潰して、元に戻らないようテープなどで留めてしまってください。
 
 
紐で結んだり、輪ゴムで留めるのもオッケーです。

それから潰したゴミは、捨てる予定のお菓子の袋などにビッチリと詰め込むのもおすすめ。

ペットボトル
 

②箱類は解体!

箱は、中が空洞になっています。

そのスペースが無くなれば、ゴミの体積も大幅に削減可能
 
 
ということで、箱状のものは全て「開いて」解体しましょう。
 
 
たとえば、ダンボール箱は物を入れる箱状になっていればかさばりますが…。

箱状に組み立てる前は、薄い一枚のダンボールですよね。

折り畳まれているダンボールは、体積が少ないのです。

ダンボール
 

③ゴミを切り刻む!

ゴミを、ハサミなどでより細かく切り刻むことで体積が小さくなります

細かくすることで、ゴミの凹凸や空洞が無くなってしまうということ。
 
 
たとえば、箱状のものは中が空洞になっていますよね…。

前項では、開いて解体する方法をお伝えしましたが、解体ではなく切り刻んでも小さくなります。

切り刻むことで、凹凸と空洞が無くなるということ。
 
 
カットが可能であれば、プラスチックゴミなども切り刻んでみてはいかがでしょうか。

小さければ、小さいほどゴミの体積は小さくなりますよ。
 


 

2.ゴミを圧縮するアイテム!

ゴミの圧縮は、手作業で行いますが…。

そういった作業を、手伝ってくれるアイテムがあります。
 
 
たとえば、ゴミ箱に「ゴミを潰す」機能があれば嬉しいですよね。

ということで、以下はゴミを潰すゴミ箱。



 
これは、ジョセフジョセフの「クラッシュボックス」。

圧縮機能があるゴミ箱。
 
 
ただし、自動的に潰れるということではなく、「手で押して」潰します。

ですが、一気に潰すことができるし、手が汚れません。

簡単に潰せることから、作業時間の短縮になります。
 
 
それから、ペットボトル用はこちら。



 
これは、八千代工業の「吸引型ペットボトルつぶし器」。

まあ、ペットボトルは足で潰しても良いのですが、こういった製品もあります。
 
 
それから、缶に対応する製品もありますよ。



 
これは、アーネストの「缶つぶし器」。

ペットボトル潰しもできます。

足で直接潰すより、効率が上がりますよ。
 
 
それから、ハサミ。



 
これは、強力な「万能ハサミ」。
 
 
分厚いカーペットや、トタンなども切ることができます。

ゴミを切り刻むのに便利ですね。

ところで、ゴミが増えるのも困りますが、洗濯物が多いのも困りますよね…。

それも、部屋干しとなると干すスペースが足りない…。
 
 
ということで、狭いスペースにおける部屋干しアイデアを紹介した記事がありますので、よかったら下のリンクからご覧ください。

ワンルームの部屋干しの場所は?意外なところが使えるよ!

密集させて干すと、生乾き臭の原因になりますよ。

 
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、ゴミを圧縮する方法についてでした。
 
 
ゴミは、凹凸や空洞を減らすことで体積を少なくすることができます。

そのためには、ゴミを「潰す」「解体」「切り刻む」といった方法で圧縮してください。
 
 
また、そういった作業を楽にする便利なアイテムもありますので、お試しください。

ところで、お風呂も髪の毛などのゴミが発生しますが…。

しかも、お湯を使う場所なので、カビや雑菌なども多く発生します。
 
 
そういった、お風呂の汚れを未然に防ぐ方法に関する記事がありますので、よかったら下のリンクからご覧ください。

浴室の臭いがすっぱいのはなぜ?理由と対処法を解説するよ!

それから、靴の臭い対策に関する記事もありますので、こちらもどうぞ。

靴が臭いけど洗えない!そんな時の最適な手法を紹介するよ!

 





関連記事と広告

-掃除・洗濯

Copyright© Investigate Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.