お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

Investigate Blog

暮らし・生活・雑学

金を溶かすには!家庭でもできる手法をわかりやすく解説!

更新日:

 
昔々に購入した貴金属である「金」が、タンスの奥に眠ってしまっている…。

よくあることですよね…。
 
 
使わない「金」ならば、売ってしまえ!という選択肢もありますが…。

「大切な」「思い出のある」ような「金」であるならば、そう簡単に手放すことはできません…。
 
 
そんなわけで、最近は「金」を自分で「リメイク」することが注目されています。
 
 
 
ということで本記事では、自分でリメイクするための最初の段階である「金を溶かす方法」について、わかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.金を家庭で溶かす方法!

「金」を溶かす方法として、「王水」という液体を使うことが知られていますが…。
 
 
実はこの「王水」、かなり危険な液体です…。

やめた方がいいでしょう…。
 
 
家庭で金を溶かす方法としては、「熱」を利用するのが一般的
 
 
ちなみに、金は1,064度で溶けます

そして、家庭用のガスバーナーがありますが、これが900度~1,300度。

ですから、家庭用のガスバーナーでもギリギリ金を溶かすことができます。
 
 
ただし、「900度から」となっていますので、使い方によっては溶けない場合も…。
 
 
ということで、火力が強いガスバーナーを使いましょう。



 
これは、富士バーナーの「パワートーチ」。

温度が1,500度から1,700度ということでパワーがあります。
 
 
あとは、下が「溶解キット」。



 
この中の「耐熱容器(皿チョコ)」に金を入れて、ガスバーナーの炎を当てます。
 
 
ガスバーナーの炎は手前側が低温なので、炎の中心部を当ててください。

また、逆に炎の先端部になると、少し温度が下がりますよ。
 
 
炎を当て続けると、数分で金が溶けます。

金がドロドロになったら、金属製のトングで皿チョコごと掴み、型に流し込んでください。

あとは、金が冷めて固まるのを待つだけです。
 
 
 
こういった作業は、当然ですが危険が伴います。

耐熱手袋やフェイスシールドの着用など、安全対策を講じた上で作業を行ってください。




 
また、火傷を防止するために、服装は肌の露出がないものにしましょう。
 
 
それから、燃えやすい物の近くで行ってはいけません。

ちなみに、木製のテーブルや床の上で作業すると焦げますよ。
 
 
出来ることならば、車庫などのコンクリート上に作業台を置き、その上で作業するのが理想です。
 


 

2.金を家庭で溶かす便利なアイテム!

ガスバーナーは「炎」を出します…。

その分、危険が伴いますし、中には抵抗がある方も…。
 
 
そういった方向きの、便利なアイテムがあります。

それが、下の製品。



 
これは、小型の「金属溶融炉」。

電気の力で金を溶かしますので、炎による危険は回避できます。
 
 
炎は使いませんが、電気式の1,500ワットということで、700ワットの電子レンジでだいたい2台分の電力が必要。

ですから、ブレーカーが20アンペアだと大丈夫ですが、15アンペアだと他の電気機器を同時に使うことでブレーカーが下がります…。
 
 
気をつけてくださいね。
 
貴金属
 

ところで、雨の日に傘をさして出かけて、晴れた帰りに傘を忘れてきた経験がありませんか?

そういった、傘忘れを防ぐ方法がありますよ!
 
 
よかったら、下の関連記事をご覧ください。

傘を忘れるのを防止する方法!少しの工夫で万全な対策だよ!

凄く良いアイテムがあります。

 
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、家庭で金を溶かす方法についてでした。
 
 
金は、「王水」といった危険な液体で溶かすのではなく、「熱」を利用して溶かしましょう。
 
 
金は、1,064度の熱で溶かすことができます。

ですから、1,064度以上の熱を維持できるガスバーナーか、金属溶融炉を使って溶かしてください。
 
 
火災や火傷には、十分に気をつけてくださいね。

ところで、大きいシーツを干す「スペース」の確保に苦労していませんか?

大きいシーツでも、コンパクトに干すことができますよ。
 
 
よかったら下の関連記事をご覧ください。

シーツを部屋干しする方法を解説!早く乾かすコツはこれだ!

それから、お風呂をなるべく汚さないアイデアを紹介した記事もありますので、こちらもどうぞ。

風呂の椅子を浮かせると驚くほど清潔に!片付けワザを紹介!

 





関連記事と広告

-暮らし・生活・雑学

Copyright© Investigate Blog , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.