お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

Investigate Blog

暮らし・生活・雑学

「ボクサーパンツ」と「トランクス」の違いを徹底的に解説!

更新日:

 
ボクシング観戦は、私の趣味であり有料放送を契約しているほど!
 
 
ところで、ボクシングでは選手が「トランクス」を着用して試合をします。

また、この「トランクス」なのですが、男性用下着の名称でもありますよね…。

まあ、ボクサーが履く「トランクス」も、下着の「トランクス」も形状が似ていますので、呼び方が同じなんだろうなあ…、と思っていました…。
 
 
しかし、「トランクス」が主流だった男性下着の世界に、1990年代から「ボクサーパンツ」なる種類のものが遅れて登場!

あれ?ボクサーが履くのが「トランクス」と思っていたのに…、それとは違う「ボクサーパンツ」とはこれいかに…。
 
 
 
ということで、この2つの下着について徹底的に調べてみました。

本記事では、「トランクス」と「ボクサーパンツ」の違いをわかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「ボクサーパンツ」と「トランクス」の違いとは!

最初に、「ボクサーパンツ」と「トランクス」の違いについて簡潔にお伝えします。

「ボクサーパンツ」とは、元々は「ボクサーブリーフ」という名称。ボクサーが履く「トランクス」と同じ形状でありながら、しかもブリーフのような伸縮性のある生地でつくられたパンツのことで、体にピタリとフィットするのが特徴。

「トランクス」とは、ボクサーが試合で履く競技服と同じ形状をした下着のこと。生地には伸縮性がない他、体にフィットすることもなく、風通しが良いのが特徴。

 
簡単にまとめると、こういった違いです。

それでは、それぞれのメリット・デメリットなども含め、さらに詳しく解説していきますね。

どちらが蒸れやすいのか?意外な事実がありますよ!

ボクシング
 

2.「ボクサーパンツ」とは!

「ボクサーパンツ」は、「トランクス」と同じ形状で、しかも伸縮性のある生地を使ったパンツのこと。

「ボクサーパンツ」は、元々「ボクサーブリーフ」といった名称だったのです。
 
 
 
歴史をさかのぼると、日本では戦後しばらくして「ブリーフ」が普及しました。

「ブリーフ」の特徴は伸縮性のある生地で、しかも体にピタリとフィットすること。

形状は股間がY字型で、女性用のパンティーに似ているといえます。
 
 
1980年代までは、ほとんどの男性が白い「ブリーフ」を着用しており、子供が物心ついた頃にはいつの間にか親が用意したこの「ブリーフ」を着用しているというのが当たり前でした。

しかし、1980年代以降「トランクス」が普及し、「ブリーフ」が減り始めます。
 
 
「ブリーフ」が嫌われ出した理由はデザイン、また、親が準備した子供の下着といったイメージもその原因の一つ。

そして、1990年代に形状が「トランクス」で、生地やフィット感が「ブリーフ」といった、双方の特徴を組み合わせた「ボクサーパンツ」が登場し、2000年以降に普及しました。
 
 
 
では、この「ボクサーパンツ」のメリット・デメリットは何か?
 
 
まず、形状が「トランクス」と同じでスタイリッシュであるということ。

それから、伸縮性と体に対するフィット感です。

ただし、体にピッタリ密着するのはその人の好みでもありますので賛否両論。
 
 
ですが、風通しが悪く開放感がないというデメリットもあります。

さてさて、体に密着する「ボクサーパンツ」と、風通しの良い「トランクス」なのですが、どちらが蒸れやすいと思いますか?
 
 
正解は、蒸れにくいのは密着する「ボクサーパンツ」の方

風通しの良い「トランクス」は、実は蒸れます。

「トランクス」の場合、生地がフィットしないことで肌と肌が密着する割合が高くなることから、実は蒸れやすいのですよ!

股間の蒸れ防止のためのパンツを紹介した記事がありますので、もしよかったらご覧ください。

パンツの中が蒸れる時の対策(メンズ用)!効果が絶大だよ!

 
 
おすすめの「ボクサーパンツ」はこれ。



 
グンゼの「ボディーワイルド」シリーズ、「エアーズボクサーBWY909A」です。

蒸れ防止パンツの中でも代表格。

特に通気性の良い素材を使用しているので蒸れにくいのです。
 
 
上で紹介した関連記事で、口コミも含め詳しく解説していますのでぜひご覧ください。

その他のパンツも紹介していますよ。
 


 

3.「トランクス」とは!

「トランクス」とは、ボクサーが試合で履く競技服と同じ形状をした下着のこと。

生地に伸縮性がなく、体に密着しないことが特徴です。
 
 
前の項目でも触れましたが、1980年代以降に「ブリーフ」に代わって普及したのがこの「トランクス」。

私も、学生時代に「ブリーフ」から「トランクス」に切り替えたのですが、やはり「ブリーフ」は「人に見せたくない…」といった気持ちがあったのは確か。

「トランクス」に切り替えてからは、そういった気持ちはなくなりました。
 
 
 
この「トランクス」のメリット・デメリットですが。

メリットは、ボクサーの競技服のような形状です。

私は、やはりブリーフのY字型は嫌でした。
 
 
それから、風通しが良いことと、股間の開放感ですね。

男性の一物が、自由に動きます!
 
 
そして、デメリットは伸縮性がないことと、前項でも説明しましたが蒸れやすいということ。

風通しが良いので蒸れにくいと思いきや…、実は生地がフィットしないことで肌と肌の接触範囲が大きくなり蒸れやすいのです…。
 
 
 
おすすめの「トランクス」はこれ。



 
最近は、こういったニットの「トランクス」が人気です。

とても肌触りが良く、抜群の着心地。
 
 
ゴムの締めつけも、ストレスにならないように工夫されています。

しかも、丈夫で長持ちというのがこの製品の特徴です。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「トランクス」と「ボクサーパンツ」の違いについてでした。
 
 
ボクサーが履く競技服が「トランクス」であり、それと同じ形状をした下着が「トランクス」です。

そして、「トランクス」と同じ形状をした、伸縮性のある生地で体にフィットする下着が「ボクサーパンツ」。
 
 
ちなみに、女性からの支持が高いのが「ボクサーパンツ」で、意外に大差がついていますよ。

もしかして、時代は「ボクサーパンツ」なのかもしれません。

ところで、蒸れ防止パンツの関連記事についても触れましたが、一応ここにもリンクを貼っておきます。

包帯素材のパンツなど、製品も複数、口コミとともに紹介していますよ。

ぜひ、覗いてみてください。

パンツの中が蒸れる時の対策(メンズ用)!効果が絶大だよ!

 





関連記事と広告

-暮らし・生活・雑学

Copyright© Investigate Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.