お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

Investigate Blog

暮らし・生活・雑学

「限定」と「特定」の違い!例文でわかりやすく解説するよ!

投稿日:

 
「限定」と「特定」。

似ています…。

たとえば…。
 
 
「限定の商品」

「特定の商品」

というように、どちらも違和感がありません…。

まぎらわしいのですが、これではいけませんね。
 
 
 
ということで、この2つの言葉の意味を徹底的に分析してみましたよ!

やはり、「限定」と「特定」には明確な違いがありました!
 
 
本記事では、「限定」と「特定」の意味の違いと使い分けについて、わかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「限定」と「特定」の意味の違い!

まずは、「限定」と「特定」の意味の違いを端的にお伝えします。

「限定」とは、範囲や数量などを限って定めること。

「特定」とは、特にそれと示して定めること。

 
一言であらわすと、こういった違いです。

それでは、さらに詳しく紐解いていきますね。
 

①「限定」の意味とは!

「限定」は、範囲や数量などを限って定めること。

ですから、ある範囲や数量を超えるものは、認めないということです。
 
 
 
たとえば、「数」であれば「500個限定で販売します」といった使い方をします。

これは、「500個だけに限って、売りますよ」ということ。

ですから、500個売れてしまえば、もう買うことができません。

501個目の商品は無いということです。
 
 
 
「範囲」であれば、「応募資格は20歳以上の女性に限定します」といった使い方。

これは、「応募できるのは20歳以上で、しかも女性だけですよ」という意味。

ですから、19歳以下の人は誰も応募できませんし、男性は何歳でも応募できません。
 
 
 
「限定」は、こういったように限り定めるということです。

要件1
 

②「特定」の意味とは!

「特定」は、特にそれと示して定めること。

要するに、特別に指定するということです。
 
 
 
たとえば、「特定のメールを振り分ける」といった使い方をします。

これは、たくさんのメールが届く中、ある特別なメールだけフォルダなどを別に振り分けるという意味。

ある人物から届く物だけとか、迷惑メールだけといったように、特別扱いするのですね。
 
 
 
あとは、「電波の発信源を特定した」とか、「情報漏洩者を特定した」といった使い方もします。

この場合は、「発信源」も「情報漏洩者」も特別なもの。

そういったものを、定めるということです。

セキュリティー
 

③「限定」と「特定」の違いを整理!

それでは、ここで一度「限定」と「特定」の違いを整理します。
 
 
範囲や数量などを限って定めるのが「限定」。

範囲や数量に限りがあって、それを超えるものはありません。
 
 
特にそれと示して定めるのが「特定」。

特別に指定するということです。
 
 
ちなみに、冒頭の「限定の商品」は限りがある商品のことで、「特定の商品」は特別に定めた商品のことです。

 


 

2.「限定」と「特定」の辞書での意味!

続いて、辞書による「限定」と「特定」の意味がどうなっているのか確認していきます。
 

①「限定」の辞書での意味!

【限定】

・物事の範囲や数量などを限り定めること。「―販売」「応募資格は県内居住者に―する」

引用元:旺文社国語辞典

説明したとおりの内容です。
 

②「特定」の辞書での意味!

【特定】

・特にそれと指定すること。特にそれと決まっていること。「不―」「犯人を―する」

引用元:旺文社国語辞典

説明どおりですね。

犯罪
 

3.「限定」と「特定」の使い方!

次に、「限定」と「特定」の使い方を例文で紹介します。
 

①「限定」の使い方!

・来街者参加型イベントや限定アイテムの販売も行う。

・11月21日~12月25日の期間限定で開催される。

・アウェイゲームの際に試合会場限定で販売するグッズ。

・受注開始4ヶ月で限定200台を完売。
 

②「特定」の使い方!

・救急救命措置ができるのは救急車など特定の車輌内で、搬送中に限られる。

特定のキーワードを登録するとメールで知らせてくれる。

・映像から特定の動作を見つけ、作業ミスや無駄な動きを自動検出する。

・動物を描いた壁画のうち、まだ年代が特定されていないものがある。

書く3
 

4.「限定」や「特定」には似た意味の言葉がたくさんある!

「限定」や「特定」には似た意味の言葉がたくさんありますよ。

下の関連記事も、覗いてみてください。

 
ぜひ、参考にしてみてくださいね。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「限定」と「特定」の意味の違いと使い分けについてでした。
 
 
「限定」は、範囲や数量などを限って定めること。

「特定」は、特にそれと示して定めること。
 
 
限りがあるのが「限定」で、特別なのが「特定」です。





関連記事と広告

-暮らし・生活・雑学

Copyright© Investigate Blog , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.