お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

Investigate Blog

掃除・洗濯

鍋のサビを大特集!害の有無や対処法を徹底的に解説するよ!

更新日:

 
日々料理に使う「鍋」ですが…。

古くなってくると「サビ」があらわれます…。
 
 
金属製で、しかも日々過酷な環境にさらされていますので…。

「サビ」は仕方がないことなのかもしれません…。
 
 
でも、「仕方がない」にしても…。

料理にサビが混ざった場合…果たして、大丈夫なのだろうか?

人体に害はないの??
 
 
 
ということで、鍋のサビについて徹底的に調べてみました。

本記事では、鍋のサビの害の有無や、そのサビの落とし方についてわかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.鍋のサビに害はないの?

「サビ」というものは、その金属によって種類が異なります。

したがって、鍋の金属素材別に害の有無を解説していきますね。
 

①ステンレス鍋のサビに害は?

最初は、ステンレス鍋から。
 
 
基本的にステンレスは、サビにくい金属。

「鉄」をサビにくいように加工した合金です。
 
 
ただし、ステンレスであっても弱点はあってサビることもあります。

ステンレスがサビる原因については、以下の関連記事をご覧ください。

 
このステンレスにできるサビは、「黒錆」か「赤錆」。

この「黒錆」「赤錆」は、鉄にできるサビと同じもの。
 
 
ステンレスは合金ではありますが、その鉄の部分に対してサビができるのです。

ちなみに、これは「鋼」であっても同じです。
 
 
この場合の「黒錆」「赤錆」は、ともに鉄分であって人体に害はありません

つまり、「ステンレス」「鉄」「鋼」のサビは全て安全ということ。
 
 
害どころか、鉄分の補給になります

だからといって、サビを大量に摂取してはいけません。

どういった栄養でも、過剰に摂取すると健康を害します。

料理
 

②アルマイト鍋のサビに害は?

続いて、アルマイトの鍋。

アルマイトとは、アルミニウムをサビにくいように加工した金属です。
 
 
ですが、このアルマイトの鍋もサビることが…。

そして、アルマイトにできるサビの種類は「白錆」。

これは、アルミ鍋にできるサビと同じものです。
 
 
「白錆」も、人体に害はありません

ですから、「アルマイト」「アルミニウム」のサビは安全ということです
 
 
白錆の正体は水酸化アルミニウムなのですが、この成分は農作物や魚介類にも微量ですが含まれています。

アルマイト鍋
 

③銅鍋のサビに害は?

続いて、銅鍋。

銅のサビは、「緑青(ろくしょう)」というもの。
 
 
青っぽく、緑っぽい色をしたサビです。

銅の10円玉にできた緑青を見たことがありませんか?
 
 
この「緑青」も、人体に害はありません

実は、昭和後期くらいまでは「毒物である」といわれていたのですが、間違いであることが証明されました。

銅鍋
 

④ホーロー鍋のサビに害は?

最後は、ホーロー鍋。
 
 
実は、「ホーロー」は金属ではありません。

金属に焼き付けた「ガラス質」が、ホーローです。
 
 
ですから、ホーロー自体がサビることはありません。

ホーローが壊れたり、剝がれたりすることで、その中の金属にサビが発生するのです。
 
 
ちなみに、ホーローの下地に使われる金属は「鉄」「鋼」「アルミ」など

「鉄」「鋼」であれば「黒錆」「赤錆」ですし、「アルミ」であれば「白錆」なので、害はありません
 


 

2.鍋のサビの落とし方!

鍋のサビに、基本的に害はありませんが…。
 
 
気持ちの良いものではありませんよね…。

しかも、サビを放っておくと金属がボロボロになる場合があります…
 
 
ということで、鍋のサビの落とし方を説明しますね。

金属別にサビの種類を説明しましたが、実は全てのサビは同じ方法で落とすことができます
 
 
最初は、「サビを溶かす」方法から。

こういったサビは、全て「酸」の力で溶かすことができます。

家庭にある酸といえば、「酢」。



 
サビを酢に浸すことで溶けます。

たとえば、鍋の底にサビがある場合、その鍋に酢を入れて放置してみてください。
 
 
5分から1時間程で、サビが溶けます。

もし、その時間で溶けない場合は、時間を延長してください。

ちなみに、その鍋を火にかけて酢を沸騰させると早く溶かすことができます。
 
 
酢以外では、こういった製品も有効。



 
これは、クエン酸。

クエン酸でもサビは溶けます。
 
 
酢やクエン酸はサビを溶かしますが、サビの原因になる物質でもあります。

作業が終わったら、すぐに水で洗い流してください。
 
 
 
それから、サビは「削り取る」方法もあります。

削るには、以下の製品が便利。



 
これは、金属たわしです。

金属たわしで、ゴシゴシ擦りましょう。

酸で溶かした後でも良いですし、最初からたわしを使うのもオッケー。
 
 
あとは、下の製品も便利です。



 
これは、メラミンスポンジ。

金属たわしよりも、きめ細かく削ることができます。

最後の仕上げ磨きに良いですよ。

ところで、サビが多くできてしまうのが「傘」ですよね…。

雨水にさらされていますので、仕方がないのかもしれませんが…。
 
 
そういった「傘」のサビを落とす方法を解説した記事がありますので、よかったら下のリンクからご覧ください。

傘のサビの落とし方!予防対策も含め徹底的に解説するよ!

大きい傘でも、手間をかけずに落とせます。

 
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、鍋のサビの害の有無と、そのサビの落とし方についてでした。
 
 
鍋に使われる金属のサビは、基本的に人体に害はありません。

害はありませんが、大量に摂取してはいけませんよ。

また、サビは全て安全ということではなく、金属の種類によっては危険なものもあるようなので、気をつけてください。
 
 
鍋のサビは、酸を使って溶かすか、メラミンスポンジなどで削り取りましょう。

ところで、サビにも鍋にも関係ないのですが、洗濯物を部屋干しする場所は十分でしょうか?

実は、部屋干しするスペースは意外な所に隠れていますよ。
 
 
ということで、狭いスペースにおける部屋干しアイデアを紹介した記事がありますので、よかったら下のリンクからご覧ください。

ワンルームの部屋干しの場所は?意外なところが使えるよ!

それから、靴の悪臭対策を解説した記事もありますので、こちらもどうぞ。

靴が臭いけど洗えない!そんな時の最適な手法を紹介するよ!

 





関連記事と広告

-掃除・洗濯

Copyright© Investigate Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.